読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産後のママは手負いの獣

シャチ子の妊娠&育児日記

超音波画像ってさ

 18週。先日妊婦検診に行ってきました。

つわり等のマイナートラブルもある程度落ち着き、産休の算段にウキウキしています。輝くよりも休みたいです。

今回の二回目の妊娠にあたり、第一子のときとの違いを感じる事が多々あります。

たとえば、超音波画像。いわゆるエコーと呼ばれる白黒の胎内画像への感情の抱き方が第一子とまったく違い、驚きました。

超音波画像、子供がいる方はご存知かと思うのですが、こんなんです。

f:id:syachico:20170226151449j:plain

これって、赤ちゃんに見えますでしょうか?

私の狭い観測範囲内では、赤ちゃんに見える方と、なんじゃこりゃと思う方がいるようです。私は典型的後者でした。第一子のとき、この画像が「赤ちゃん」だという認識が持てず、「ここが頭で、ここが足。」と医師に説明されても「はぁ、へぇ、そうですか…」と薄ぅいリアクションしかできなかったのを覚えています。

それが今回、もはや超音波画像の段階で可愛くて仕方ない。

「ギャーッ足が動いた!元気でちゅね!可愛い!おかわゆい!」とお股を開きながらはしゃいでしまいます。

たぶん超音波画像を経て生まれてきた第一子のこれまでの姿と重ねてしまい、愛おしく感じるのだと思います。

そして同時に「失いたくない」という感情が強烈に湧いてきました。第一子のときに全く思わなかったとは言いませんが、妊娠中の私にはあまり無かった感情です。

自己防衛のひとつだったのかもしれませんが「ダメだったらダメで仕方ないし」なんて考えていました。

ほかには、つわりが割と軽いこと、妊娠中を通じて不安定になりがちだった精神状態が比較的落ち着いていること、年齢のせいか肉体的なしんどさは大きくなったこと、などなど(どれも「今のところ」という補足が必要ですが)。

イラストレーターのコンドウアキさんの第二子妊娠〜出産マンガ『モッチンも。』にもありましたが、第一子と第二子の妊娠の経過って、つい「同じようになる」と思いがちですが、全く違うものなんですよね。

トリペと5 モッチンも。

そんな違いに戸惑いながら、とにかく大きく育って、この世に出てきてねという気持ちに満ちた18週でした。

 

【興味深かったこと】

第一子が、超音波画像をみて「赤ちゃん…可愛い///」とニコニコ喜んでいました。赤ちゃんに見えているようです。月並みな表現ですが、「ムスメ、尊い……」と思いました。